シミを作りにくくするためには?

シミ化粧品 > シミ化粧品~しみができやすい肌のタイプとは~

シミ化粧品~しみができやすい肌のタイプとは~

しみは多くの女性にとって悩みの元ですが、しみができやすい方とできにくい方で分かれる傾向にあります。人の肌の性質には個人差があり、敏感肌の方や乾燥肌の方など、様々なタイプの肌の方がいます。

そのため、しみのできやすさにも人それぞれ差が出てくるのです。しみができやすい方はそれは肌の性質として仕方がない事なので、肌の性質を考えて、どう付き合っていくのか、対策や予防をどう行っていくのかという事が大切なポイントになります。

しみができやすい方として、まずは肌が弱いという方が挙げられます。肌が弱いというのは、肌は顕微鏡で見ると細胞が構成していますが、その細胞によってネットのような形で肌が張り巡らされています。このネットが何かの刺激で切れやすいと、弱い肌と言う事になります。
シミを消す美白美容液、おすすめ人気ランキング!

こうした方はしみやそばかすができやすいため、毎日のケアをしっかりと行っていく事がまずできる事となります。普通の方以上に気を付ける必要がありますが、頑張ってケアをしていきましょう。
コノハ

また、乾燥肌の方もしみやそばかすができやすくなります。乾燥すると皮膚が固くなり、肌を構成している細胞のターンオーバーという現象を妨げる事になります。ターンオーバーは、皮膚の細胞が定期的に新しく入れ替わっているという現象です。

これが正常に行われると、色素が付いた皮膚も、新しいきれいな細胞に入れ替わる事で薄くなっていきますが、正常に行われないと色素が残ったまま沈着してしまい、しみやそばかすに繋がります。

こうした肌の弱い方や乾燥肌の方は日々のケアをこまめに行うようにしましょう。化粧水や保湿クリームで、肌に水分を補給し、保湿して潤いを保っておく事が大切になります。また、少し足りなくなってきたなと感じたら、さっとでも良いのでこまめにケアをするようにしましょう。

そうする事で敏感肌や乾燥肌の方でも、シミやそばかすになりにくい環境を保っておく事ができます。慣れればそれほど時間はかからずにケアしていけるはずです。

美白のためのスキンケア、レーザー治療

美白のためにシミなどの肌の異常をケアすることは、肌を健康な状態に保つ上でも大切なことです。ここでは、肌のケア、や実際にシミができてしまった時のレーザー治療について書いていきます。

比較的薄いシミは、しっかりとしたスキンケアで治すことができます。具体的には、こまめに洗ったり、専用スキンケアや美白美容液をつけたりして、肌を清潔に保つことできれいな状態を維持することができます。

年齢が若いときは、肌の細胞の新陳代謝も活発ですので、比較的容易にシミを消すことができます。シミの原因であるメラニン色素は、ほかの細胞と比べて、新陳代謝が行いづらいものですが、丁寧なケアはそれを促すことができますし、若ければ若いほど効果的な方法となります。逆に言えば、年齢が若ければ、シミのケアについては、それほど気にしなくてもよいのかもしれません。

年齢が高くなると、なかなか体の代謝機能ではシミが消えにくくなります。そうした場合、物理的な方法でシミを消すのに効果的なのがレーザー治療となります。レーザー治療が効果的なのは、メラニン色素の特性として光を集めやすい、というものを利用しています。

レーザーによって、メラニン色素が沈着した部分を効率的に焼いていきます。レーザー治療を行うことができるのは、専門の皮膚科や整形外科などですが、あくまで審美部門の治療ですので、ほとんどの場合保険の適用はなく、実費の負担となります。

また、外科的な施術となりますので、事前に病院の評判を確認しておくのも大切です。「きれいになるつもりが、レーザー治療によって余計跡が残ってしまった」という話も聞きます。肌にメスを入れるのと同じような認識で、あくまで慎重な対応が求められます。

そうは言いながらも、最近は高性能なレーザー治療機械が増えてきていて、安全性や効果性も増しているようです。ただ、それに比例して、治療費も上がってくることが想定されます。事前に病院によく確認し、自己の負担を考えながら、「どの段階まで、どの範囲まで」、レーザー治療を行うことが適切なのかを判断していきましょう。

シミを防ぐ化学成分

シミをできにくくしたり、消したりするためには、こまめな洗浄や、正しい食生活、生活習慣などが基本になりますが、美容液やクリームなどで外から治療していくことも可能です。

市販の美白用化粧品には、メラニン色素の細胞が活発化するのを抑制し、シミをできにくくする効果のある成分が含まれています。ここでは、どういった成分が、シミを防いで美白を保つのか解説します。

まず挙げられるのが「アスコルビン酸」です。一般的には「ビタミンC誘導体」という名前でも知られています。

基本な作用はビタミンCと同様ですが、水溶性で壊れやすいビタミンCの安定性を高めて効果的な働きを付加したものです。シミの原因であるメラニン色素が作られるのを抑制することに加えて、コラーゲンの生成を促し、皮膚のうるおいを保つことに役立てることができます。

次に「アルブチン製剤」を挙げます。「ハイドロキシン誘導体」という別名もあります。メラニン色素を作るための酵素の働きを抑制します。これによって、シミの原因であるメラニン色素ができなくなるため、美肌を維持することができるというわけです。

酵素は色素細胞であるため、完全に働きを遮断してしまうと、通常の肌の組成にも影響を与えてしまうので、含有化粧品の過剰使用は控えるようにしましょう。

最後に「コウジ酸」を挙げます。「コウジ」という名前でわかるように麹菌由来の成分です。味噌やしょうゆの製造元の人は、手が白くてきれいな人が多いということからも、なんとなく効果がわかるのではないでしょうか。この成分のメカニズムは、アルブチン製剤と同様で、酵素の働きを抑制するものになります。

以上が代表的な美白成分になりますが、このほかにも多くの成分が美白に関連しています。シミを取るためにはこれらの成分の役割が大きいのですが、まずはシミができないような環境に身を置くことが何よりも大切です。あくまで、化粧品は補助的な役割にとどめておくように心がけておきましょう。