赤ら顔の原因と対処法

女性の多くは色白の肌に憧れていると思います。でも頬や鼻の頭など顔の一部や全体が赤みを帯びている人もいます。これは「赤ら顔」と呼ばれることもあり、結構気にしている人も多いと思われます。
http://www.exermusic.com/kiji12/

なぜ赤ら顔になってしまうかというと、その原因はいくつかあります。遺伝などで生まれつき赤ら顔になりやすい人もいますし、ニキビ跡など後天的な理由でなる人もいます。ちなみに赤ら顔は、肌の色が比較的白い人がなりやすいようです。肌の色が黒っぽい人は、あまり赤ら顔にはなりません。

色白の人や、皮膚が薄い人は毛細血管が透けて見えることがあり、そのため赤ら顔に見えてしまうこともあります。赤ら顔を気にする人は、女性ならメイクで隠してしまおうと考えることが多いと思います。 ファンデーションを塗ってしまえば、赤ら顔はあまり目立たなくなりますから。

でも根本的に解決しないと、いつもメイクをしていなければならず、心理的な負担も大きくなってしまいます。赤ら顔を改善することはできるのでしょうか?

もともと色白だったりして赤ら顔になりやすい人は、顔が火照りやすいとも言えます。寒い所から急に暖かい場所に移動したりすると、毛細血管が広がって顔に赤みが出てしまうのです。ですから避けられるなら、こうした急な温度差のある場所に行くことを避けてみると良いかもしれません。

もし顔が火照ってしまった場合は、冷たいタオルなどで顔を冷やすようにすると、赤みがおさまってきます。また暖かい場所だけでなく、寒い時も注意が必要です。身体が冷えると、それが原因で顔の赤みが増すこともあるのです。

足などの末端部分はきちんと温かくして、冷やさないようにしましょう。それでも赤ら顔が気になってしまう場合は、皮膚科に行ってみるのもひとつの方法です。今は皮膚科や美容皮膚科でさまざまな治療を行っています。

顔の赤みが気になる人は、レーザー治療などを受けることができます。また最近ではフォトフェイシャルという施術も一般的になってきました。これも赤ら顔に効果があると考えられますので、 気になる人はぜひ一度皮膚科に足を運んでいただきたいと思います。

メニュー

ページの先頭へ